シリカ水のランキングはここ

シリカ水おすすめランキング

 

 

シリカ水おすすめランキング!!

 

Gaivota(〜ガイヴォータ〜)

Gaivota(〜ガイヴォータ〜)

北海道乙部町産の軟水で飲みやすい「シリカ水」
1ケース24本プレゼント3980円(1本あたり83円)
定期コースは縛りなし、返金保証を15日、送料無料
お試しができるコース
15日間返金保証
硬度46r/Lの軟水
軟水で飲みやすくまろやかな口当たりです!
シリカ53mg/L
カルシウムとマグネシウムが2:1の比率
注文を受けてから受注生産
ミネラルが多く含まれる珪藻土(けいそうど)の乙部だけの地層で長い年月かけろ過されたミネラルウォーター
参考動画はここ

高濃度シリカシリカビヨンド

「楽天ランキング 栄養・健康ドリンク部門 1位」18回受賞!
「ランキンランキンインナービューティ飲料ランキング1位」受賞!
高濃度シリカ125mg/L配合
熊本県南阿蘇村の天然水に、純度99%の水晶から抽出した水溶性ケイ素を添加し、今までにない高濃度のシリカ天然水
3週間トライアル初回50パーセントオフの2700円
1週間トライアル980円
熊本県阿蘇の天然水
シリカ125mg/L
参考動画はここ

 

 

 

天然玉肌シリカ天然水

宮崎県小林市の工場で生産

霧島連山の水
天然シリカ(ケイ素)含有量97mg/L のパーフェクト美容飲用水。
3本510円+送料510円で合計1020円のところ
初回限定500円
宮崎県小林市と言えば霧島が有名です
この地の水は、他のメーカーでも中硬水がほとんどです
シリカ、パナジウム、サルフェートの3つが入っている
カルシウムとマグネシウムの比率が理想の2:1
炭酸水素イオンも含まれている

 

参考動画はここ

 

 

 

 

 

 

シリカ水とは

 

そもそもシリカとはなんなのか?

 

シリカの元素記号はケイ素です

 

ケイ素は地球表層の岩石、土壌、粘土を構成している元素で地球表層の約6割がケイ素を含む鉱物によって作られています。

 

地球上では酸素の次に多い元素となります。

 

雨水や雪解け水が山を伝わり、地下に吸収され、シリカを含むミネラルミネラルウォーター、それがシリカ水となるわけです。

 

そしてこのシリカは人間にとって大切なミネラルなのです。

 

生まれたばかりにも人体にシリカはあるのですが、年齢とともに減少していきます。

 

シリカは人体では作れないために食べ物から摂取する必要があります。

 

体内がシリカ不足ななると、骨や軟骨、皮膚や靭帯や腱その他爪に縦に割れてくるなどの症状がでます。

 

シリカは昔の日本人には不足していなかった

 

シリカは玄米、ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウに多く含まれていて、これらを良く食べることで体内のシリカ不足にはならないで済むのです。

 

ですが、それらは今の日本人には不足している食品だと言えます。

 

何かと忙しい現代社会では難しい事となっています。

 

今でも普通に玄米を食べる人はそうそういないかと思いますが、玄米にはなんと!白米の約10倍のシリカが含まれています。

 

玄米には非常に多くのシリカが含まれているのです。

 

シリカ不足になると言う理由も納得ですよね

 

そんな時頼りたいのはシリカ水です。

 

シリカ水として飲むのが効果的

 

シリカ水は体内の吸収も良いので、シリカ不足の問題解決にぴったりです。

 

体内に吸収されたシリカ水は蓄積される事はなく、約6時間で尿となり排泄されますので飲みたいだけ飲んでも何も問題はありません。

 

むしろ健康のため、どんどん飲んだ方が良いのです。

 

今はさまざまなシリカ水があり、産地によって特徴もそれぞれ違うのでランキングで紹介しているシリカ水を参考にしてください。

 

水の味は軟水、硬水のような硬度によって左右されます。

 

シリカ水にもそれは言えることでさまざまな味のシリカ水があります。

 

そしてシリカ水には副作用はないので安心して飲むことができます

 

シリカ水の副作用については次の項で説明をいたします

シリカ水副作用について

 

 

さまざまなメーカー製造販売されているシリカ水ですが、シリカ水にはたして副作用はあるのでしょうか?正解はシリカ水に副作用はありません。

 

これは食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質として正式に厚生労働省が発表しています。

 

特に摂取推奨量などは定められいないのですが積極的に摂取をしたほうが良いされます。

 

食品添加物としても厚生労働省よりの使用が正式に認められているます。

 

食品添加物として利用される非結晶性のシリカは、「無水ケイ酸」とも呼ばれ不溶性で、体内で消化吸収されず排出されるため身体に害はない。

 

副作用があるのは結晶性のケイ素と呼ばれる物でこれは、一般に販売されることはないので、間違って摂取してしまうという事はありません。

 

結晶性のケイ素はガラス細工を粉々にしたようなもので日常生活ではあまり見ることはありません

 

なのでサプリメントやミネラルウォーターなどでの副作用はまずありません。

 

もし、シリカ水を飲んだらなんだか調子がわるなと感じたらそれはシリカが原因の事ではなく、ちょと飲みすぎてしまったとか、その日は胃腸の調子が悪かったのではないかと言う原因があるはずですのでそちらの原因を考えています。

 

シリカ水は厚生労働省が安全だと認めてますので安心してお飲みいただいて大丈夫です。

シリカ水のランキングは何を対象にしているか

各シリカ水の詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

Gaivota 高濃度シリカ 玉肌シリカ水
内容量/ml 500ml 330ml 500ml
価格/1本 83円 135円 170円
硬度 46mg/L 35mg/L 130mg/L
PH値r/L 7.3 9.5 6.4
カルシウムr/L 13mg/L 13mg/L 31mg/L
マグネシウムr/L 6mg/L 0.7mg/L 14mg/L
シリカr/L 35mg/L 125mg/L 97mg/L

 

比較の基準は安さと飲みやすさです

 

シリカ水はこまめに飲むことが大切です。
なので、シリカの比較の基準は家族全員が長く無理なく飲み続けられるという事です

 

まず、水のお値段で一番安いのはGaivotaです。

 

そして飲みやすさの基本となる硬度、Gaivotaと高濃度シリカは飲みやすいといわれる軟水だが玉肌シリカ天然水は硬度130度の中硬水です。

 

日本の水は全国的に軟水が多いですが、c井の製造元である、宮崎県小林市の水はほとんどが中硬水です。

 

中硬水と聞いて日本人には合わないと思われれる方もいると思いますが、以外においしいのです。

 

以外にと言い方は失礼ですね。軟水のような口当たりはないですが、すんなりゴクゴク飲めました。

 

昔、コンビニのファミリーマートに宮崎県小林市の工場で製造されたシリカ水が売っていたのを見かけて購入しましたが同じ工場のシリカ水と言うだけあって、玉肌シリカ水と同じ感じがしました。

 

実はPH値も飲みやすさに関係しているのです

 

人間の体液はPH7.4程度の弱アルカリ性の状態を保っています。

 

なので摂取する水は体液にできるだけ近い、PH7〜8程度の弱アルカリ性が最も良いとされます。

 

その条件にあてはまるのは、ランキング1位のGaivotaです。高濃度シリカはちょっと高めで玉肌シリカ天然水がちょっと低めのPHという数値になりますね。

 

日本のミネラルウォーターのほとんどがPh5〜9です。

 

これは体への影響はなにもありません。

 

ですが、味にも多少影響するようで、人間がおいしいと感じるPh値は6〜7.5だと言われているのです。

 

なのでPh値を参考にして味を比較するならGaivotaですね。

 

味と言うかミネラルウォーターの場合は風味と言ったほうがピンときますね。

 

シリカは1度にたくさん摂取するよりも、こまめに摂取するのがおすすめ!

 

そして商品がシリカ水なので、肝心なシリカ量の比較はどうなのでしょうか?

 

シリカが多い順言いますと、

 

高濃度シリカ

 

玉肌シリカ天然水

 

Gaivotaの順番となっています

 

シリカ成分の比較はそれほど気にしなくてはいいのではないかと思います。

 

シリカ水として飲んだ水はシリカとして体内に取り込まれますが、炭水化物やタンパク質のように体に吸収される訳ではなく、速やかに体の外にでてしまします。

 

なので実はシリカの量はそれほど気にせずに、こまめに飲むという事を意識すれば良いと思います。

 

カルシウムとマグネシウムの理想のバランスは2:1です

 

そして最後の比較がカルシウムとマグネシウムです。

 

含まれれている量が多いのは玉肌シリカ天然水なのですが、ほかの2商品も程よい程度にカルシウムとマグネシウムが含まれていますので量に関して言えばなにも問題な量ですね。

 

カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1でとると体にはとても良いと言われますが、これは3つの商品を比較しても、すべて2:1の配合となっているので特に問題ありません。

 

という事でシリカ水のランキング、比較の対象は値段と味です。安心して飲み続けるためにも、飲みやすさと安さが求められます